県民投票

沖縄県民投票2019辺野古移設と開票結果速報まとめ!|情勢予想や日程

米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り
埋め立ての賛否を問う県民投票
2019年2月24日に行われます。

今回の投票結果には、法的拘束力はないそうです。
結果にかかわらず移設工事を進める方針ですが
移設計画に影響を与える可能性があるそうです。

沖縄で県民投票が行われるのは、1996年の
日米地位協定の見直しと米軍基地の整理、縮小の賛否が
問われた投票以来、2回目です。

1996年の県民投票は投票率59.53%で
賛成が投票数の89.09%でした。








投票結果

     投票数
賛成 109760票
反対 420427票
どちらでもない 47400票

沖縄県民投票2019情勢予想

今回の沖縄県民投票は、法的拘束力はありません
ただ、賛成、反対、どちらでもないの三つの選択のうち
もっとも多かった票数が、投票資格者総数の4分の1に
達した場合、県民投票条例に基づいて玉城デニー知事に
尊重義務が課せられ、玉城知事は首相と大統領に
結果を通知されます。

投票結果にかかわらづ政府は移設工事を進めますが
移設計画に影響を与えるのではないでしょうか。

沖縄県以外では、実施例がなく沖縄県
ならでわの問題かとおもわれます。

沖縄県民は、どういった結果をだすのか
注目があつまりますね。








まとめ

沖縄県では、基地移転の問題で長年、色々な事が起きました
美しい海を守るのは沖縄県民の願いでもあります。

沖縄県民、政府、米軍と全ての問題が解決
出来るような方向性に進んでほしいですね。